最新のドラゴンボールの水筒

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

▼ドラゴンボールの新シリーズのグッズです。大人気で品薄でしたが、やっと手に入れることが出来ました!
dragongt

・・・・・というのは冗談で、管理人の実家で約十数年間新品のまま大事に保存されていた水筒が最近発掘されたため、息子(5歳)用に譲り受けた物です。

今、この水筒は幼稚園用の毎日の飲み物を入れるために使っていますが、息子は他の誰も持っていない(当然ですが)自分だけのスペシャルドラゴンボール水筒が本当にうれしいらしく、お友達にも誇らしげに見せているようです。

挙句の果てには

息子:「みんなもかってもらいなよ」

などと無理難題をお友達に吹っかけています。お友達にきらわれそうで心配なので、たのむからやめてください。

スポンサーリンク

メイド・イン・ジャパン

話は変わりますが、この頃のメイド・イン・ジャパン製品の品質はさすがで、プラスティック部分にまったく黄ばみが無く、キャラクターの印刷されたカバー部分は分厚く粘りのあるビニールのような材質で出来ており、これもまったく色褪せが見られません。

しかも最近良くある安物のように本体のキャラクターが印刷されているビニール部分がくるくる回転してしまうというような作りの悪さが一切ありません。

こんな水筒でもそこはキャラクター商品。たぶん当時1,500円-1,980円くらいはしたと思います。こうして年月が経ってみると流行のあるキャラクター水筒でも、値段に見合ったしっかりとした品質管理がされていることにメイド・イン・ジャパンの品質へのこだわりが感じられます。

このころの日本製品は日本が胸を張って世界に提供できる製品ばかりだったと思います。多少高価でも品質の良い物を長く使うというライフサイクルに変化してくれば、こういう良い製品を作っている良質な国内企業が国外製品の安売りに押されて倒産してしまうということがなくなり、国内の産業が盛り返していけるのではと感じています。

下はDVDの発売に合わせて最近復活したドラゴンボールGTのサイトです。興味がある方はしばしゆったりと昔を懐かしんでみてはいかがでしょうか。

天界に封印されていたもう一つのドラゴンボールの封印がとかれたことから、子供の姿に戻った悟空、トランクス、そして成長した孫娘のパンの新たな冒険がはじまる!

ドラゴンボールGT / INTRODUCTION

『ドラゴンボールGT』(ドラゴンボールじーてぃー、DRAGON BALL GT)は漫画『ドラゴンボール』の原作者である鳥山明の原案を元に作られた完全オリジナルストーリーのテレビアニメ。
1996年2月7日から1997年11月19日まで『ドラゴンボールZ』の続編としてフジテレビ系で放送された。全64話 番外編1話。

ドラゴンボールGT – Wikipedia

DRAGON BALL GT1 [DVD]
by カエレバ
スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。