そうじゃないだろう。

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

 息子(5歳)が同じ幼稚園の子と公園で遊んでいた時のこと。

 お友達の中で男の子が苦手な女の子が一人いたのですが、その女の子と遊びたい男の子がその子の手を握って一緒に遊ぼうよと誘いました。

 でも、その女の子は男の子が怖いらしく、一緒に遊ぼうとはしません。とても嫌がっている様子です。

 そこでヒーローの登場。息子です。

息子「○○ちゃんはいやがっているからてをはなしてあげてよ!」

 と息子がその女の子と手を握っている男の子の間に割って入り、手を放させたのです。

 なかなかやるじゃないか我が息子よ。などと感心に思ったのも束の間。息子は手を放させた男の子の代わりにちゃっかりその女の子の手をがっちりと握りました。





ママ「・・・おい。」

 思わずママが突っ込みます。

息子「あーっっ!ちがうだった。ちがうだった。」

 息子は何かの間違いに気づき、ようやく女の子は2人の男の魔の手から解放されたのでした。

 本当に子供って何を考えて生きているのかわかりません。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。