牛乳は不健康飲料?

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

 わが家では毎日欠かさず牛乳を飲んでいます。コーヒーを割ってカフェオレにするのもうまいし、そのまま飲んでもうまい。さらに健康にもいいと思って一日1本以上は確実に消費していたのですが、下記の記事を読んで考えさせられてしまいました。

現代の日本では『牛乳=健康』というイメージがかなり強くあります。
学校給食でも必ずといっていいほど牛乳が出てきますし、皆さんも小さい頃から「健康のために牛乳を飲みなさい」「カルシウムを摂るために牛乳を飲みなさい」と親や学校の先生などから言われてきたと思います。
本当に牛乳=健康なのでしょうか?
牛乳について興味深い記事があったので、抜粋し、私の知識も少し入れながらご紹介したいと思います。

牛乳は本当に健康飲料?

肥満の原因は、乳製品
ウェルネス上の理由からもはやつくられるべきではない食物のなかで、代表的なのは乳製品である。(アメリカで)乳製品には、8400億円の政府補助金が支給されている。ところが、消費者は乳製品に対して補助金の何倍もの金を払わされている。
牛乳および乳製品は、180兆円の疾病産業への最大の貢献者である。牛乳は、アレルギー、消化不良、肥満、ガン、心臓病、感染症、骨粗しょう症などを引き起こす。
アメリカ酪農評議会(ADA)は、牛乳が骨粗しょう症を予防するという大々的ないつわりの広告活動を行っているが、牛乳は骨粗しょう症を引き起こすのである。

肥満の原因は、乳製品

安全性についての議論

牛乳 – Wikipedia

 インターネットでの情報は100%正しいわけではないので、情報から自分の知識に変換する時に自ら確かめて正しい情報の取捨選択をすることが必要になりますが、今のところ判断をしかねています。

 ちなみに「牛乳 骨粗しょう症」でググると否定的な情報がやまほど出てきます。

 どなたか詳しい方がいらっしゃいましたらご教示いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。