ドライクリーニングってどんなクリーニング?

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

 テレビで石油高騰の番組を見ている中でちょっとびっくりしたことがありました。

 番組の中ではクリーニング屋さんが紹介されていたのですが、洗濯に使う電気だとか燃料だとか暖房の話で紹介されるのかなと思っていたのですが、以外にもクリーニング屋さんのこの一言。

クリーニング屋の人
「ドライクリーニングで使う石油が高くなってしまうので工業用の石油をリサイクルするための機械を入れました。」

 ??えっ!ドライクリーニングって石油使ってるの?

 これまでは水を使わずにどうやって洗濯してるんだろう?蒸気とか?などと漠然と思っていたのですが、石油を使って水と同じような洗濯機でガシガシ洗っているのをみてちょっと衝撃でした。

 意外と知らないことってあるんですね。

ドライクリーニングとは洗剤を溶かした水の代わりに工業ガソリンなどの有機溶剤を使って洗濯することをいう。水を使って行う洗濯に比べあぶら(油脂系)汚れをよく落とし、また衣類の伸縮が生じにくいという利点を持つ。

ドライクリーニング – Wikipedia

参考サイト

ドライクリーニングは、1830年頃にフランスで開発され、水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣類を水の変わりに有機溶剤を使うことによって衣類への影響を抑えた洗濯方法です。

ドライクリーニングって?/クリーニングのお話

このドライクリーニングには現在2種類あり、日本では石油ドライが主流となっています。

ドライクリーニングのドライって?

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。