アメリカ・カナダ軍がクリスマスにサンタクロースをレーダーで追跡!

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が今年もサンタを追跡します!

Google は2011年12月1日、今年も NORAD と共同でサンタの追跡を実施し、Google マップ、Google Earth を通じてサンタの現在地の表示を行う、と公式ブログで発表した。

今年もやります!NORAD によるサンタの追跡 – インターネットコム

 このサンタの追跡は1955年からNORADによって行われているようです。

 最初のきっかけは、その当時のNORADの司令長官がこどもたちからの電話を受けて、部下にレーダーでサンタクロースを追跡するように指示したのが始まりだそうです。

NORAD の「サンタを追跡」公式サイトによれば、同組織は1955年からサンタクロースを追跡しているという。当時、米国の大手デパートが子ども向けに「サンタへの直通電話」を開設。広告にその電話番号を掲載した。だが、その番号は、NORAD の前身である CONAD の司令長官へのホットラインだった。子どもたちからの電話を受けた当時の司令官ハリーシャウプ大佐は、部下にレーダーでサンタを追跡するよう指示。次々に電話をかけてくる子どもたちに、サンタの現在位置を伝え続けたという。これ以降、NORAD は50年以上にわたってサンタの飛行を追跡している。

今年もやります!NORAD によるサンタの追跡 – インターネットコム

 いつも思うことですが、あっちの人って心に余裕があっていいなー。夢がありますよね。

 サンタクロースは本当にいるのか?という話もありますが、少なくともサンタクロースの存在を真剣に信じているこどもたちの夢はこわさないでいてあげたいですね。

 ちなみにサンタクロースの追跡サイトはこちらです。

NORAD サンタを追跡へようこそ

NORAD Santa

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。