何を書けばいいのかわからない時は5W1H

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/5W1H
5W1H – Wikipedia

Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(どうして)したのか。

日本においては、「5W」にさらに下記の「1H」を含む「5W1H」であるべきであるとされる。

How(どのように)

 会社で企画文書や報告書を書く時や学校のレポートなどで、何を書いておくべきかわからない時に思い出すとよい魔法の言葉5W1H。

when(いつ)
where(どこで)
who(だれが)
what(何を)
why(なぜ)
how(どのように)

 上記が5W1Hですが、特に文書を作成する場合は、

 いつ(when)どこで(where)だれが(who)何を(what)どのように(how)行うのか。さらになぜ(why)それを行わなければならないか。

 というようなとらえ方をすると吉かと思います。

 5W1Hが全て入っていれば無難な文書が書けそうですね。

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。