二日酔いにならないための対策4

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

 これまでいろいろと二日酔いネタを書かせていただきましたが、またさらにネタが増えましたので、飲む前から飲み終わった後までの対策の流れを書いておこうと思います。

 基本的には今までご紹介した内容とほとんど変わりありませんが、飲んだ後に具体的にどの位の水分を取れば楽かを付け足しました。

二日酔い対策の一連の流れ

飲む前

 エビオス錠とビタミンCを飲んでおく

エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】
by カエレバ
ディアナチュラビタミンC(60日分)
by カエレバ

飲んでいる最中

 思いっきり呑み、存分にご歓談ください。

飲んだ後(ここが肝)

 L-システイン製剤とビタミンCを飲む。

 その後アクエリアスやポカリスエットなどのスポーツドリンクを最低500mlできれば1Lほど飲んでおく。

 管理人は可能な時は1L、ちょっときついときは500mlのスポーツドリンクを飲みきってから寝ています。夜中にトイレに起きそうな気がするかもしれませんが、体内で大量の水分がアルコールで消費されるので思ったほどトイレは近くなりません。

 私がいつも飲んでいるL-システイン製剤は下記のL システイン 500mgです。

ナウフーズ L-システイン 500mg 100タブレット (海外直送品)
by カエレバ

 上記のものが手に入りにくいときはハイチオールCが代用品になります。

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス 180錠
by カエレバ

 ハイチオールCのL-システイン含有量はアメリカのサプリメントと比べてとても少ないので、500mgを上限に自分に合った分量で飲むと良いと思います。最初は少なめに飲んでくださいね。なお、ビタミンCは飲む前に飲んだものと同じもので結構です。

 私はこの二日酔い対策をして、飲み会の翌日に元気(というには程遠いかもしれませんが)に仕事に行っています。これであなたも二日酔い知らずになれるかも。

▼関連エントリー
二日酔いにならないための3つの積極的対策。

続 二日酔いにならないための対策

二日酔いにならないための対策 第3弾

二日酔いにならないための対策4

二日酔いにならないための対策5

スポンサーリンク

お役に立てたようならシェアしていただければ幸いです。

フォローはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。